recruit

採用情報

取締役 調剤事業部長 加納 直哉 2007年卒

加納 直哉

求めているのは、薬学のワクを超えた発想力!

現場にこだわる取締役がいてもいい。

これまでの薬剤師の経験を生かし、店舗の改善を図るのが私の仕事です。患者さんにとって良い薬局であるためにも、薬剤師が働きやすい環境をつくりたいと考えています。取締役という立場ですが、なるべく現場に立ち、患者さんが求める薬局とは何かを模索するようにしています。なぜなら、薬剤師たちの動きや患者さんの表情など、現場でしか感じられないことがたくさんあるからです。私も薬剤師ですから、患者さんからの「ありがとう」が、いちばんの励みになることを知っています。現場にも精通した取締役として、さらに患者さん目線の薬局に進化させていきたいですね。

企業経営にも関われる、チャンスです!

加納 直哉 私はルナ調剤での社歴は長くありませんが、責任ある仕事を任されています。ルナ調剤では、年次や役職、職種は関係ありません。若くても薬剤師の仕事以外に、教育や人事・採用など会社を支える仕事に挑戦できます。会社も若く柔軟ですから新しい提案や改善は大歓迎です。皆さんが総合職の薬剤師になったなら、店舗や地域の枠を超えた調剤業務はもちろん、会社の仕組みやルール作りなどの業務に関わってほしいですね。ポジティブでフレキシブルな人の動きこそがルナの成長の原動力ですから。ます。そんな理想像を、後輩と一緒にめざしていきたいです!

専門職 大植 有珠子 2016年卒

大植 有珠子

その心配ゴトは、杞憂に終わりました。

その心配ゴトは、杞憂に終わりました。

卒業後は、地元関西の調剤薬局で働いていましたが、縁があってルナグループに。「東京の会社になって大丈夫かな…」と不安もありましたが、それは杞憂に終わりました。通勤面はもちろん、患者様ひとりひとりと長く深く関わることができて、理想に近い働き方ができています。ルナの「専門職」はエリア外の転勤がなく、希望する地域に密着して働くことができます。その街ならではの雰囲気も面白いですし、薬のことだけでなく、日常生活に関する悩みまで相談されたりして、日に日に信頼関係を築いていけるのが楽しく、とてもやりがいを感じています。これからも、なんでも聞きやすい雰囲気づくりを心がけ、しっかり患者様に寄り添える薬剤師になりたいと思います。

なによりワタシを尊重してくれるから。

大植 有珠子 人間関係もフラットで、若手の意見をしっかり聞いてくれますし、なにより個人のライフスタイルを尊重してくれるのが、ルナの魅力です。お休みを取りやすいのもいいところで、いまは家族や友人と休みを合わせて旅行やミュージカル鑑賞をするのが楽しみです。プライベートを重視してくれるので、メリハリをつけて仕事をすることができます。「あしたも仕事をがんばろう!」という意欲が湧いてきます。

総合職 大原 悠二 2017年卒

大原 悠二

働いてみると、もっといい会社でした。

異動したら、妻が喜びました!

入社を決めた3大ポイントは、「幅広いキャリアが積める」「充実した福利厚生」「満足できる給与」です。「総合職」は勤務地こそ限定できませんが、薬剤師をつづけながら人事や経営など多彩なキャリアを積むことができて処遇も充実しているのが魅力です。たとえ地方へ異動したとしても、家賃は全額会社負担!家具や家電まで備わった部屋が用意されます。実際に私も妻と神奈川に引っ越しましたが、手続きもスムーズで、思った以上に快適な生活を楽しんでいます。給与水準も業界ではかなり高い方だと思います。ルナでは、社員の満足が患者さんへの質の高いサービスにつながると考えているんです。

独立まで語れる会社、ちょっとない。

大原 悠二 現在は神奈川県内で「薬局長」として勤務していますが、他店舗に応援に行くこともあります。住宅街の店舗と病院の門前では求められる対応も処方箋もちがってきますが、さまざまなタイプの店舗経験は薬剤師のスキル向上になります。同時に他店のすぐれた点を、こっそり自分の店舗に採り入れられるのもメリット。店舗を超えて切磋琢磨できるのが、ルナの強みです。将来の目標は、故郷に店舗をオープンして大好きな地元の皆様に貢献すること。そんな独立の夢を語れるのも、ルナならではだと思います。

総合職 堀山 翠 2009年卒

大堀山 翠

失敗したっていいから、やってごらん!

薬剤師ですが、人事担当です。

グループ会社で薬剤師として働いたのですが地元に帰ることになり、それからしばらくは地域病院で薬剤師の仕事をつづけていました。地元にいる時も元の会社の仲間や当時の上司は、私のことを気にかけてくれ、絶えず連絡をしてくれました。とても心強かったのをよく覚えています。その後、縁あってルナ調剤に入社しましたが、任命されたのはなんと「人事・採用担当」! 現在は、薬剤師と兼任する形で未知のミッションに挑んでいます。未経験でも本人の興味や適性をみて仕事を任せるのが、ルナなんです。

学生よりも、学生らしい視点を持つ。

堀山 翠 人事・採用の経験がない私に任されたのは、採用業務とパンフレットの制作でした。初めての仕事に戸惑いもありましたが、広告・広報をする上で大切なのは、「学生側の視点で考えること」だということを学びました。薬剤師だけでしたらこうした経験はできなかったはずですし、新たな発見、成長につながっていると感じています。「失敗してもいいから精一杯やってごらん!」と、背中を押してくれるのがルナ流です。どんなことでも相談できる上司と仲間たちに囲まれ、日々成長を実感しています。「人がやさしくて温かい」のがルナのいいところ。ぜひ皆さんも、私たちといっしょに成長しませんか。

総合職 大和田 知香 2004年卒

大和田 知香

キャリアも子育てもしっかり欲張れます。

家族の笑顔も、ぐんと増えました!

現在、4つの店舗を取りまとめる部長として、フルタイムで働いています。私には育ち盛りの子どもが2人いるのですが、子どもがいると業務時間や内容にストレスや不満を感じて仕事を辞めてしまうケースも多いと思います。ただ私の場合は、学校行事に合わせてお休みも取れますし、学童保育の時間に間に合うよう残業も抑えることができています。以前に務めていた薬局ではお休みもままならず、家族に負担をかけていました。ルナ調剤ならキャリアも子育ても、どちらも欲ばれるんです。ワークライフバランスの良さでは断トツだと思います。

「できる範囲で大丈夫!」はホントです。

大和田 知香 実は部長職への昇進を打診された時、子育てがあるからムズカシイとお断りしたのですが、「できる範囲で大丈夫!」というお言葉をもらいました。総合職なのですが地域を限定してもらい「ラウンダー」として店舗を回っています。あの時の柔軟な対応には、とても感謝しています。私はだれよりも現場を知っている自信がありますから、現場の意見と経営側の意見とを調整し、より良い環境をつくるための橋渡しをしていきたいと思っています。店舗を超えたつながりがルナの強み。風通しの良さ、支えてくれる仲間の多さは、ここでの財産ですね。